気にしておきたいこと

注射器

目を変えるときの種類や費用

最近は、二重整形が流行していますが、二重整形にはいくつかの種類があることを頭に入れておくとよいでしょう。大きく分けて、埋没法と呼ばれる方法を切開法とよばれる方法があります。それぞれ費用は異なりますがその内容も全く異なるといって構いません。どちらも二重にする点は共通しているものの、一番違うのは施術方法になります。前者の埋没法と呼ばれる手術方法は、医療用の非常に細い糸を瞼の部分にひっかけます。これにより、人工的に二重を作る方法です。一見難しそうな施術になりますが、実際には比較的簡単に行うことができます。時間にすれば、10分程度で終わらすことが可能になるでしょう。これにより、忙しい人でも簡単に美容整形をすることが可能です。この方法は、別名プチ整形と呼ばれており、数年前に流行し始めてから多くの人がこの方法で二重瞼を形成しています。特に、10代から20代の若い女性に流行しているのが特徴といえるでしょう。そして、何よりダウンタイムが短いのも大きな特徴です。その日1日は、可能な限り運動などはしない方がよいですが、少なくとも日常通りの生活をしていても特にまぶたが腫れるようなことはないでしょう。翌日からは、眼帯をせずに会社や学校に行くことが可能になります。これに対して、後者の切開法とよばれる方法はメスを入れる方法になります。昔からよく利用されている方法の一つになりますので、なじみがある人もいるでしょう。費用は、それなりにかかりますが半永久的な効果が期待できる点においては埋没法に比べるより有利です。

美容整形外科などに通い二重瞼に美容整形する場合の費用ですが、埋没法と切開法で大きく分かれるところです。埋没法の場合には比較的簡単に行うことが可能になります。このため、実はそれほど費用がかからないことで有名です。若い女性が利用している理由は、簡単にできるだけでなく費用がかからないことに理由があります。一般的には、美容整形外科によって異なりますが、\70000から\80000ぐらいでできてしまうのが魅力の一つです。それぐらいの金額ならば、10代から20代前半の女性でも1カ月から2カ月もあればためることができるでしょう。ただ、費用は少ない分効果はそこまで期待できません。半年から1年ぐらい効果が持続すればよい方で、再びメンテナンスをすることが必要になります。これに対して、切開法は費用が6桁になることも少なくありません。とはいえ、二重にするために糸で瞼をつり上げる方法に比べると、そこまでメンテナンスをする必要はないのが魅力です。しかも、半永久的な効果が期待できるため、それ以降ほとんどお金がかからないことを考えればかなりお得になります。ただ、年齢とともに目の形なども変わってくる可能性があります。それだけでなく、肌が若干下にさがってくるため見た目が変わってしまう可能性もあります。それぐらいの年齢になった場合には、定期的なメンテナンスは必要になるでしょう。ちなみに、太っている人は埋没法を採用しても瞼の部分に糸が通らない可能性があるため結果を出すためには切開法が必要になることもあります。

Copyright© 2019 顔の雰囲気を大きく変えられる効果的な美容の手術 All Rights Reserved.